テーマ:門出

邂逅 そして門出 エピローグ

眩しい光が、瞼の奥まで差し込み、それがこれまでいた場所ではないことに気付かせる。 暗い岩だらけの壁が背後にあり、前には何ともちんけな海を模ったプールがあったあの場所ではなかった。 ゆっくりと首を振り、身震いし、昨日の冒険・・・・それは冒険でもなく単なる本能による行動だったかもしれないが・・・を、思い出してみる。 その日も、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more