お酒とダイエット…別に痩せたいわけではないけれど…程々に楽しむお酒がいいです。

3月末に突然、痛風になり、その時飲んだ薬でひどい下痢症状を起こし食欲もなく、また、医者から飲酒は当分控えるよう指示され珍しく節制しました。

それから約2週間禁酒…我ながらよく続いたものです。
4月の下旬から少し体調も良くなったので、夕食時にワインを飲みましたが、グラス1杯飲むともうほしくなくなり、満足状態に。
アルコール依存症ではないことがわかり(笑)、この機会に毎晩していた晩酌をやめることにして、週末(金・土)と祝祭日の前日飲み、お酒を楽しむことに決めました。
画像

しかし、平日の夕食時、やはり何か物足りなくて、今はやりのノンアルコール飲料を飲むことに・・・・これも慣れてくると、十分楽しめ、それなりに食事も進みます。

この時期同時に、NHKで再放送されていた体重を量り記録するだけで痩せるという番組を見て、一度やってみようと…・

不思議なことに、実際効果が出てきて、これまで減らなかった体重が、見事に一か月で4キログラム減り、自分でも驚き、しかもこの間、検診に行くと、おなか周りは79センチになっていて、看護師も量り間違いかと二度も量りなすぐらいでした。 

だから、こんな方法がありますと、ダイエットを勧めるのが目的ではなく、ここしばらく気づいたことがあるのです。

それは、お酒です。
お酒を飲むと、どうしてもおかずの量が増え、おかずが増えると更にお酒が進みます。
この悪循環(悪ではないのですが…(*^_^*))が体重を減らさないのではと。
画像

お酒の種類もこれまでは、アペリティフと称して、ジンベースのカクテルや、ウォッカなど、そして食事中はワインや焼酎、日本酒、さらに食後軽くウィスキー・・・・・
これでは体重が減るどころか、カロリーも高く、しかも肝臓に負担がかかり、体調も崩れるわけです。

お酒を平日やめ、週末だけにして、体重変化のグラフを見ていると見事にそのことがわかりました。

昔から言われているように、お酒は程よく楽しめば、暴れはしないし体にもいいのですが、飲みすぎたりすると覿面に体に災いをもたらすようです。

さて今週末はどんなお酒を楽しもうかな……(*^_^*)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック